Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

♤えいご♤

えいごのおべんきょう

英検を受ける小学生以下の子供たち。

これまでは筆記とリスニングの両方合わせた合計点が、合格点に到達していれば筆記が悪くてもリスニングで点数が取れていれば合格できていました。
しかし今後を見据えた4技能重視の英語教育に方針が変わってきて、英検は筆記の点数、リスニングの点数、作文の点数を個別に点数を出し、合否が決定されるようにしました。大変納得のいく変更です。
また今年度から3級と準2級にも英作文が加わり、そのうち5級と4級にも加わるようです。

今回は筆記問題についての話ですが、小学生(低年齢層)の実力が受験希望級もしくは取得級に伴っていません。
ひとつには単語や熟語など語彙がほとんど覚えられていないこと、そしてもうひとつ長文問題では読解力を含む、問題の解き方が不確かなことです。

小学生で1級に合格してしまう子供は、洋書をたくさん読んでいます。それを真似して洋書を読ませるのも一つの方法ですが、子供の中にはただ目を通して読んだことにしてしまう子がいて、それではほとんどが記憶には残っていません。そこに多読をしても効果の出る子と出ない子の差が生まれます。
単語をたくさん読んで書く作業も、子供はすぐに飽きてしまいます。英検の高い級になるほど、単語量も増えるので何度も書いて覚える方法は続かない。

長文問題で気づいたのは、3年生以下になると、文章を最初から読み始め、読み終わって問題を読み、また最初から読み答えを探す。質問文の意味がわからないので、選択肢の文の中にある単語が本文中にあればそれを答えとして選ぶ。
これでは正解が出たとしてもまぐれで、実の力は付いていません。

高校生以下の英検、TEAP、GTECなどがどんどん熱を増してきていますが、私はますます疑問に感じてきました。

4技能を養うとは言っても、読解力は弱く、スピーキングは目にした文章を声に出したりするだけで対話にはなっていないので、検定英語止まりです。
仕事にしろ趣味にしろ、実践的に使うとなると、変化しつつある英語教育も限度がありそうです。

私の生徒たちには英語の点数だけではなく、実践的な英語も身につけてほしいので、今後のレッスンプランをまた見直していきたいと思います。

小学5年生、名詞の種類を習う。

小学4年生からわたしのところで英語を勉強している5年生の男の子。
SpectrumのLanguage ArtsシリーズをKから使い始め、今年Grade1になりました。

Spectrum Language Arts, Kindergarten

Spectrum Language Arts, Kindergarten

 

 

Spectrum Language Arts, Grade 1

Spectrum Language Arts, Grade 1

 

まずは名詞の学習から入ります。
Kのうちから「名詞/nouns」「動詞/verbs」「前置詞/prepositions」「代名詞/pronouns」は導入程度で勉強しています。

Grade1ではさらに理解を深めます。

名詞/nounsの中には、common nounsとproper nounsがあり、その違いと、proper nounsは必ず大文字/capital letterで書き始めるということを学習します。

わたし: Everything has a name. What's this name? (ボールペンを手にして)
男の子: Pen.
わたし: Yes, its name is pen. And is pen a common noun or a proper noun?
男の子: Common noun.
わたし: Right. Now you're holding something. It has a name. What's that name?
男の子: Eraser.
わたし: Is eraser a common name or a proper noun?
男の子: .....Proper noun?
わたし: Why do you think so?
男の子: 書くものと消すもの。

1回目の質問で理解しているかと思っても、再びしてみると間違った理解をしていることに気づきます。
何度か説明しているうちに、だいぶ理解ができてきました。

そしていちばん面白かったところ。↓

わたし: So we have a name too. Your name is N, and my name is Yuka. Is Yuka a common noun or a proper noun?
男の子: .....Common name!
わたし: 😂 Right. Yuka is a common name. There are many girls named Yuka.

ただの言い間違いだったのですが、なかなか鋭い返しでした!
その後、人名や国名、学校名などがproper nounということを理解しました。

小学1年生のアーティスト

 

schooleng.hatenablog.com

上のブログ記事でも書いたように、小学1年生の男の子は今月から英文法の学習を始めました。
その中に、「自分の好きなものを絵に描いて、"I" を使ってその絵について文を書け」というものがありました。
絵がたいへん上手な男の子で、何を描くのかな〜と見ていたら、とてもクリエイティブで驚きました!

https://www.instagram.com/p/BTeTZzKlvOe/

#artist #drawing #creativity a 6 year old boy created I monsters!!!!!👻

この感性と創造性を、これからもずーっと持ち続けて欲しいと思いました。

高校3年生のTOEFL対策

高校卒業後に日本の大学ではなく、海外の大学へ進学を希望している高校3年生のTOEFL対策をしています。

ハードな部活をしているため、休みはほとんどなく、学校の勉強もできないくらいなので、TOEFLの勉強や英語の勉強が全くできていない状態です。
去年は部活をやめようか考えていましたが、やはり引退まで頑張るという選択をしました。
引退すればもっと勉強する時間は取れるでしょうから、今はちょっとでもレッスンだけでも英語を続けて、9月頃からは猛勉強をすれば点数は上がるはずです。

今はまだリーディング対策のみしかできていません。
語彙力を上げるのが最優先です。高校の授業で勉強する単語だけでは足りません。

生徒本人の目標点は60点です。

中学3年生英検3級を目指す

小学3年生からわたしの元で英語を始めた4月で中学3年生になる女の子。

始めた当初、と言っても中学に入る頃まで、英語にはそこまで関心がなかった子です。
中学に入って英語が始まり1学期、2学期と進むにつれ、英語の勉強に力が入ってきました。

受験生になるということも彼女の中で大きなターニングポイントのようです。
小学生の間から英検を受けたらどうかと勧めていましたが、自信がなく中学生になってようやく自分から受けると言いました。去年の秋に4級に合格。
そして先々週自分から次の6月の英検で3級を受けると報告。

あと2ヶ月なので英検に向けての対策をしていきます。レッスンは週1。

先々週に何かを思って他動詞と自動詞をさらっと教えていたのですが、3級を受けることを決めたので、少々の知識として他動詞、自動詞を学習しています。

また以前の記事にも書いたTEAPを、そのうち受けるように勧めたいと思っているのですが、先日アマゾンで注文していたTEAPの対策本が届きました。

はじめてのTEAP 対策問題集

はじめてのTEAP 対策問題集

 

TEAPは英検を作っているところと同じなので、形式も英検とそっくり。ただ量が多い。
筆記(リーディングパート)は語彙問題から始まり、グラフを見て質問に答える問題、短いパッセージやメール文を読んで答える問題、長いパラグラフを読んで答える問題で構成されている。
リスニングパートも英検と似ているが、英検と違うところはリーディングと同じく、グラフを読み取る問題が入っていること。わたしみたいに数字や算数が苦手な生徒は苦労しそうだ。(類は友を呼ぶで、生徒も計算が苦手な子が集まるようで)
ライティングは英検よりも難しい。これはTOEFLと似ている。タスク(問題)は2つあり、1つは4つのパラグラフで構成されたパッセージを読み、70単語で1パラグラフのサマリーを作る問題。もう1つはグラフとパラグラフを読み、200語でサマリーをした上で自分の意見も書くという問題。
スピーキングは4つで、トピックは英検と違い、比較的学生向きのもの。PART2は変わっていて、受験者から面接官に質問をするらしい。この狙いは会話がリードできるかを見るものらしく、押し黙った日本人が多いのでこの問題は日本語でも難しいかもしれない。

ひとまず中学3年生以下の生徒は、リーディング対策からやっていきたいと思う。と言っても、TEAPの本を使うわけではなく、リーディング力をつけるために読み物を増やしていきます。

小学1年生も英文法学習

今年1月からわたしの元でレッスンを受けてくれている、この春小学1年生になる男の子がいます。

基本的に小学校5年生からしか生徒募集を受け付けていませんが、すでに英語での簡単な会話ができていること、60分レッスンでも椅子に座って話を聞く姿勢が整っているので例外としてレッスンを始めました。

これまでは絵本やパズル系のワークブックを使ってきましたが、4月に入ったので、もう少しお勉強らしい文法の勉強を始めることにしました。
文法と言っても、日本の中学生がやっているような堅苦しい内容ではなく、文の最初の文字を大文字にすることや、文の最後にはピリオドをつけることを学びます。

Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)

Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)

 

英検5級や上のような英語圏の1年生向けの単語なら、だいたい読むことができているので、ワークブックも一人で読み進めることができます。
ただ「わかっているふり」「わかっているつもり」というのがないように慎重に進めていきたいと思います。

英検準1級やTEAPを目指していく

現在たくさんの英語試験がありますが、やはり小学生から高校生のメインは英検です。高校生になるとGTECが学校で強制的に受けさせるところもあり、また大学入試にも活用できる大学があったりして、注目される試験が他にもあります。

2020年でセンター試験廃止となり、英語の試験は4技能を均等に測ることになるようです。

わたしのレッスンでは今まで英検のみでしたが、これからさらに英検を、そしてTEAPも目標としたレッスンをしていこうと思っています。

次は6月に英検がありますが、今回は普段より多めに生徒がやる気になっているので、わたしも頑張ります。
新中学3年生が3級を受ける決意をしているので、その生徒の対策経過をこのブログで記録していきます。